お役立ち情報サーチ

日常の中で役立つ情報をお届けします♪

4歳用自転車選び!何インチをどこで買うのがおすすめ?

4歳用の自転車は16インチがおすすめです。

実際に乗って試せる実店舗で買うと失敗がありません。

 

この記事では

  • 4歳用自転車のサイズとは
  • サイズの選び方
  • おすすめの購入場所

などについて詳しくお伝えしますので、これからお子さんの自転車をどこで購入しようか悩んでいる方は是非参考にしてくださいね。

 

 

4歳用の自転車の大きさは何インチを選ぶ?サイズ選びの目安は?

f:id:stur26:20210924121911j:plain

4歳用の自転車は16インチがおすすめです。

ただし、実際には体の大きさの違いもあるため、あくまでも平均的な目安としてくださいね。

 

サイズを選ぶ時は、サドルを1番下にして、足の指裏が地面につく位のものを選びましょう。

 

初めての自転車選び、失敗しないように詳しくみていきましょう。

 

4歳のお子さんなら、100㎝前後の子が多いと思います。

娘は4歳で96㎝でした。

 

変身バイクで慣れていたので、補助輪なしの16インチに乗っていました。

やや高かったため、止まる時は足がしっかりつかなくて怖がっていました。

 

補助輪つきの自転車なら、多少高くてもブレーキで止まれるし大丈夫なんじゃないかと思われがちですが、そんなことはないです。

高いと乗り降りするのも大変ですし、ブレーキが硬めでうまく握れない子もいます。

 

そのため、大きすぎず、小さすぎない自転車を選ぶ必要があります。

 

子供用自転車には、身長の目安があります。

14インチは92~107㎝、3~5歳。

16インチで98~119㎝、3~6歳。

18インチで103~125㎝、4~8歳頃です。

 

しかしこれはあくまで目安です。

同じ16インチでも、低めの自転車、高めの自転車がありますので、目安を参考にしながら実際に乗って確かめるようにしましょう。

 

サドルを1番下におろし、お子さんの足がつくか確認してください。

つま先だけつけばOKとも言われていますが、靴の先が悪くなりますし、サンダルなどで乗ると危険です。

補助輪がついていても、つま先しかつかないと地面を蹴ったり止まったりするのがやりにくいです。

 

母指球までしっかりつかなくてもいいですが、できれば足の指裏がつくぐらいのものを選ぶようにしてください。

つま先よりは安定しますし、お子さんも乗りやすくなると思います。

 

4歳用の自転車ってどこで買うのがおすすめ?

f:id:stur26:20210924121907j:plain

初めての自転車は、実店舗で買うのがおすすめです。

 

近くにお店がない、持って帰る手段がない、人とかぶらない自転車が欲しいという場合は、通販が便利です。

私も通販でおしゃれな子供用自転車を買ったことがあります。

 

通販での自転車購入の場合、確かに誰ともかぶらないというメリットはありましたが、サドル位置が高すぎてなかなか子供が乗れないという大きなデメリットがありました。

 

身長の目安はありますが、やはり実物に乗ってみないとわかりません。

 

自転車に乗り慣れて、もっと大きくなったら通販でおしゃれなものを買ってもいいと思います。

自転車に乗り慣れた頃であれば、多少サドル位置が高くてもすぐ慣れて乗れるようになるからです。

 

しかし、初めての自転車は乗り慣れていないですし、サイズ選びを間違えると危ないですので必ずお子さんが乗って試してから購入するようにしてください。

 

自転車屋さんやスポーツ用品店、イオンやイトーヨーカ堂などの大型スーパー、トイザらス赤ちゃん本舗などの子供用品店にも売っています。

 

電車でしか行けないという場所でも、とりあえず試してみて同じものをネットで購入することもできます。

配送料はかかりますが、持ち帰りができない場合はお店から送ってくれることもあります。

店員さんに確認してみてくださいね。

 

さらに、実店舗で買うといいこともあります。

お店まで持って行くのが前提ですが、修理やメンテナンスが無料期間があったり、補助輪を外し、スタンドに無料で付け替えてくれるところもあります。

 

アフターサービスがどうなっているのかも確認しながら購入してくださいね。

 

まとめ

4歳用の自転車におすすめなのは、16インチです。

 

初めての自転車はサイズ選びが重要なため、実店舗で必ず試してから購入するようにしましょう。

 

サイズの確認は、サドルを1番下にして足の指裏が地面につくかどうかです。

14~18インチぐらいの自転車を乗り比べてみて、ちょうどいいものを選んでくださいね。