お役立ち情報サーチ

日常の中で役立つ情報をお届けします♪

紫陽花の色を変える方法が知りたい!切り花でも変える事はできるの?

紫陽花の色を変えるには、土を酸性・アルカリ性に変える必要があります。

専用の土を使うか、卵の殻やミョウバンなど身近なものでも変えることができます。

 

切り花の色を変えることはできませんが、染めることは可能です。

フワラーパレットという染料を使えば、綺麗にカラーチェンジできますよ。

 

この記事では

  • 鉢植え紫陽花の色を変える方法
  • 切り花紫陽花の色を変えることができるのか?

などについて詳しく紹介しますので、良かったら参考にしてくださいね。

 

 

紫陽花の色を変える方法が知りたい!鉢植えを好きな色に変えられる?

紫陽花の色を変えることができるのは、土の性質によって色が変わる品種のみです。

 

白い紫陽花や細かい花が特徴のアナベル、山のような形のノリウツギなどは色が変わらない品種です。

全ての品種の色が変わるわけではないので、注意してください。

 

色を変えられる品種は、土の状態で色を変えることができます。

土が酸性なら青色、中性なら紫、アルカリ性なら赤い花になります。

 

花が咲いている状態で土を変えても、急に花の色が変わることはありません。

次のシーズンに向けて、希望の色が咲くように土づくりをする必要があります。

 

土づくりには、専用の土や栄養分を入れるか、卵の殻やミョウバンのような身近なものを使うこともできます。

それぞれ見ていきましょう。

 

青色にするには

青色にするには、土を酸性にする必要があります。

 

手軽にやるなら、青紫陽花用の培養土を使いましょう。

<青 アジサイの土>楽天でも購入可能です。

 


用土 青アジサイの土 5L【プロトリーフ 紫陽花 4535885046059】

 

自分で調合できる方は、鹿沼土や無調整ピートモスをバランスよく混ぜてもOKです。

 

4~5月頃に、焼きミョウバンを500~1000倍ほどに薄めたものを土に混ぜてもOKです。

20日おきごとに、1回ずつ混ぜると青色の花になります。

 

赤色にするには

赤やピンクにするには、土をアルカリ性にする必要があります。

 

お手軽なのは、赤紫陽花用の培養土がおすすめです。

<赤 アジサイの土>こちらも楽天で購入可能です。

 


プロトリーフ 赤アジサイの土 5L 赤い花を育てる 関東当日便

 

自分で調合できる方は、赤玉土腐葉土を混ぜた土に、苦土石灰を混ぜます。

石灰がうまく混ざるまで時間がかかるので、気を付けてください。

 

卵の殻を使うこともできます。

卵の殻を粉々にして、紫陽花にまくだけです。

 

良かったら試してみてくださいね。

 

紫陽花は切り花でも色を変えることができる?その方法って?

紫陽花の切り花は、色を変えることができません。

土を酸性やアルカリ性にするように、花瓶の水の性質を変えれば、同じように花の色が変わりそうですが、そう簡単にはいかないようです。

 

紫陽花の切り花の色変えについては、これまでもたくさんの実験が行われてきていますが、依然謎が多く、「色は変えられない」と言われています。

 

しかし、染料を使うことによって、花の色を染めて変えることは可能です。

ここでは、花を染める方法について紹介していきます。

 

用意するのはこちら→フラワーパレット 

www.e-torii.co.jp

 

アマゾンでも購入できます。

 


フラワーパレット 切り花染色剤 自由研究 フラワーアレンジメント プレゼント (6色セット)

 

 

白がどんな色にも染まりやすいのでおすすめです。

白は鉢植えでも色が変えられないので、染めて楽しめそうですね。

 

切り花の先を斜めに切って、水を吸い上げやすくします。

花瓶などに水と染料を入れて混ぜ、吸わせるだけです。

 

なお、白以外の紫陽花も染めることは可能ですが、なるべく同じ色の系統に染めるようにしましょう。

例えば、水色なら、濃い青や紫、緑などに。

ピンクなら、濃い赤や紫などに。

 

真逆の色に染めてしまうと、綺麗な色にならないそうなので気を付けてくださいね。

 

もちろん紫陽花以外の切り花も染めることができます。

良かったら試してみてくださいね。

 

まとめ

紫陽花の色を変えるには、土を酸性・アルカリ性に変える必要があります。

専用の土を使うか、卵の殻やミョウバンなど身近なものでも変えることができます。

 

土が酸性になれば、青色に。

アルカリ性になれば、赤色に変えることができます。

 

切り花の色を変えることはできませんが、染めることは可能です。

フワラーパレットという染料を使えば、綺麗にカラーチェンジできますよ。

 

何年も楽しめる紫陽花。

色を変えながら、長く楽しんでみてはいかがでしょうか?