お役立ち情報サーチ

日常の中で役立つ情報をお届けします♪

お中元の断り方はどうするのがいい?親戚への失礼にならない伝え方

お中元を断るときは、いただいたご厚意にきちんとお礼をして、同時にお中元の気遣いは不要であることを伝えましょう。

 

断りたいからと言って、届いた品物を送り返してしまうと、相手の気持ちを粗末に扱ってしまうことになります。

 

相手の気持ちを無下にする行為は失礼ですよね。

失礼にあたらないようにするには、いただいたお中元はありがたく受け取り、お礼を伝えるときに断りの気持ちを伝えます。

 

親しい親戚であれば、電話で気持ちを伝えてもかまいませんが、直接気持ちを伝えることが難しく感じるのであれば、お礼状に気持ちを添えると伝えやすくなりますね。

 

この記事では、

・お中元の断り方

・親戚へ伝えるときのポイントと注意点

・親戚への失礼のないお礼状の例文

についてお伝えしますので、お中元を断りたいと思っている方は是非参考にしてみてくださいね。

 

  

お中元の断り方はどうする?親戚へ伝えるときのポイントと注意点

f:id:stur26:20210710120151j:plain

お中元を断るときは、いただいた品物を受け取ってから、お礼とともに今後のお中元は辞退することを伝えます。

 

たとえ親戚であったとしても、品物を受け取らずに辞退する気持ちを伝えたり、品物をいただく前に辞退する気持ちを伝えてしまうと失礼にあたりますので、必ずお中元の品を受け取ってからにしましょう。

 

また、お中元が届いたのにも関わらず、お礼状などの連絡をしなかったり、お返しをせずに一方的に辞めてしまうのはマナー違反に当たります。

できることなら、お互いに気持ちよくお中元のやり取りを終えたいですね。

 

本来のお中元は、日頃の感謝を込めて、お世話になった人に夏のご挨拶として贈るものでした。

江戸時代以降は、お盆の礼として親戚やお世話になった人に贈り物をするようになり、現在の形に少しずつ変化してきたそうです。

 

贈り物を断るのは心苦しく感じますが、相手の親戚はせっかくの贈り物が負担になってしまうことを望んでいないはずです。

感謝の気持ちとともに、お中元を辞退したいことを伝えましょう。

 

お中元のお礼は、手紙で伝えるのが一般的ですが、とても親しい親戚には直接会った時や、電話で伝えてもかまいません。

 

ただし、断ることが心苦しくて、なかなか本題を切り出せない場合などありますから、お礼状に今後のお気遣いが不要であることを添えるほうがおすすめです。 

 

親戚へのお中元の断り方…失礼にならない例文をご紹介!

f:id:stur26:20210710120157j:plain

断るときは失礼にならないように、お中元をいただいたお礼とともに、断りの気持ちを伝えましょう。

 

直接「いりません」と断るのではなく、「今後はお気遣いなくお願いいたします」というようにお願いをする形で文章にすると、相手の気持ちを害しにくく、失礼にあたりませんよ。

 

お断りのお礼状を書く時のポイント

お礼状は、

・時候の挨拶

・相手の健康や安否を尋ねる

・お礼と感謝を伝える

・断りの気持ちを伝える

・相手の健康を気遣う

という順に書きます。

 

断りの気持ちを伝えるときは、ありがたい気持ちを持っていることと、お断りの気持ちを同時にお願いをする形で伝えましょう。

 

例えば、

・どうか今後はこのような気遣いをなさいませんよう、お願いいたします。

・お気持ちはありがたく存じますが、ご厚意のみありがたく頂戴いたします。

というような形です。

 

お断りの文例

実際に、断りの気持ちを伝えるお礼状の見本を紹介します。

 

**********

拝啓 夏の訪れを謳歌するような蝉時雨の季節となりました。

皆様お変わりありませんか。

このたびは、誠に結構なお中元のお品をお送りくださいまして、ありがとうございます。

どうか今後はこのような気遣いをなさいませんよう、お願いいたします。

暑さはこれからが本番です。皆さまどうかご自愛ください。

敬具

***********

 

文章は短いですが、手書きでお礼状を書くと気持ちが伝わりますよ。

  

まとめ

お中元を断るときは、いただいたご厚意にきちんとお礼をして、同時にお中元の気遣いは不要であることを伝えましょう。

 

親しい親戚であれば、電話でお中元のお礼と断る気持ちを伝えることもできます。

しかし、断るという行為は心苦しく感じるので、お礼状で感謝の気持ちを伝えるとともに断りの気持ちを伝える方が、失礼にあたらないようです。

 

せっかくのお中元の品が負担になってしまわないよう、相手に気持ちを伝えられたら良いですね。