お役立ち情報サーチ

日常の中で役立つ情報をお届けします♪

コーヒーの作り置きは体に悪いの?保存方法や賞味期限を解説!

ホットコーヒーは淹れてから30分で酸化が始まるため作り置きはしないほうが良いです。

 

その一方、水出しアイスコーヒーであれば密閉できる容器に入れ冷蔵庫保存で2~3日以内だったらおいしく飲むことができますよ。

 

酸化したコーヒーはえぐみや酸味が強くなってしまっておいしく飲むことができなくなってしまいますし、お腹の調子が悪くなることがあります。

 

水出しで作るアイスコーヒーだったら冷蔵庫で保存してもおいしく飲めますよ。

 

この記事では、

・コーヒーの作り置きは体に悪いのか

・コーヒーの作り置きを冷蔵保存しても酸化するのか

・アイスコーヒーの保存方法や賞味期限

などについてお伝えしますので、自宅でコーヒーを作り置きしていつでも飲めるようにしておきたいと思っているあなたは是非参考にしてみてくださいね。

 

 

コーヒーの作り置きは酸化する冷蔵庫保存でもダメ?

f:id:stur26:20210729225248j:plain

ホットコーヒーは淹れてから30分で酸化が始まるため作り置きはしないほうが良いですが、水出しアイスコーヒーであれば冷蔵庫で保存してもおいしく飲めますよ。

 

友人とカフェに行っておしゃべりに夢中になり、時間が経ったコーヒーを飲んだとき最初より酸っぱさを感じたり、えぐみを感じたことがありますが、それはコーヒーが酸化していたサインだったんですね。

 

酸化したコーヒーを飲むと私が感じたような酸っぱさやえぐみを感じたり、胃が弱い人は吐き気を催すことがあるので注意してくださいね。

 

また、腹痛や下痢を起こすこともあり、想像以上に体に影響が出てしまいます。

 

しかも、酸化は老化する原因の一つで、たくさん摂取すると老化を促進させてしまうことになるため、なるべく淹れて時間が経過したホットコーヒーを読むのは避けましょう。

 

味が落ちるだけでなく、体の健康にまで影響が出てしまうなんて驚きですね。

 

では「ホットコーヒーを淹れてすぐ冷蔵庫に入れれば問題ないのでは?」と思うかもしれませんが、熱や光、酸素に触れた時点で酸化が始まってしまうので、すぐ冷蔵庫に入れたとしても酸化を防ぐことはできません。

 

冒頭でお伝えしたとおりアイスコーヒーであれば、作って冷蔵庫で保存しておくことが可能なので、作り置きにはホットコーヒーではなくアイスコーヒーがおすすめです。

 

アイスコーヒーを作り置きしたら賞味期限はどのくらい?

f:id:stur26:20210729225245j:plain

アイスコーヒーは水出しで作り、密閉できる容器に入れ冷蔵庫保存で2~3日以内には飲み切りましょう。

 

それ以上経つと酸化が始まってしまうので味が落ちたり、体調を崩してしまう可能性があるので気を付けましょう。

 

水出しアイスコーヒーを作るときのポイントは、

・専用の容器で作ること

・アイスコーヒー用の豆を使うこと

・軟水のお水を使うこと

の3つになります。

 

専用のポットやアイスコーヒー用の豆を使ったほうがよりおいしく作れますし、コーヒー豆と水をポットに入れて、冷蔵庫で8時間抽出すればできあがるのでとても簡単ですね。

 

夜寝る前に専用ポットにコーヒー豆と水を入れ、冷蔵庫に入れておけば翌日の朝にはおいしいアイスコーヒーが飲めるので良いですよね。

 

専用のポットは安いものだと1000円前後で購入できるので、在宅ワークやおうち時間のお供にぜひ検討してみてくださいね。

 

基本的に水道水やウォーターサーバーは軟水なので気にする必要はないと思いますが、硬水のお水より軟水のほうがおいしく水出しコーヒーを作ることができますよ。

 

「インスタントコーヒーしかないけど、手軽にアイスコーヒーを作り置きしたい!」という人には、ぬるま湯でインスタントコーヒーを溶かし水で薄めて冷蔵庫で保存する方法でもOKです。

 

たくさんの量は作れませんが、ホットコーヒーよりは酸化するスピードは遅くなるので、簡単に作ってみたい人は、ぜひ一度試してみてくださいね。

 

まとめ

時間が経ったホットコーヒーは30分ほどで酸化が始まっていたとは驚きでした。

 

淹れたてはおいしく飲めたのに時間が経ってから残りを飲んだら酸っぱく感じたのは、酸化していたからなんですね。

 

水出しアイスコーヒーは2~3日だったら酸化せずおいしく飲めるので、試してみる価値がありそうです。

 

コーヒー豆と水をポットに入れ冷蔵庫で抽出されるのを待つだけなので簡単ですし、毎回作る手間が省けるので良いですよ。

 

水出しアイスコーヒーは、コーヒー豆独特の香りを楽しめそうなので、気になる人はぜひ試してみてくださいね。