お役立ち情報サーチ

日常の中で役立つ情報をお届けします♪

ゴーヤを冷凍するとまずい?苦味を抑えて美味しく冷凍するコツを紹介

 

ゴーヤは冷凍すると新鮮なものと比べると色味や食感はやや劣ります。

しかし冷凍方法や解凍のコツを知っておけば食感や味を気にせず食べることが出来るんです。

 

冷凍時は「水分を残さない」「空気に触れさせない」「急速冷凍」をする。

解凍時は「解凍時間を短く」すること。

 

ゴーヤを冷凍する時に苦みを抑える保存方法は冷凍前の「塩もみ」と「下ゆで」をすること。

  

この記事では、

・冷凍すると食感が悪くなる原因

・冷凍や解凍のポイント

・苦みを抑えて美味しく食べる

についてお伝えしていきますので、冷凍・解凍・保存や調理方法のポイントをつかんで夏の健康野菜ゴーヤをムダなく取り入れてみてくださいね♪

 

 

ゴーヤを冷凍したときの食感は?まずいって噂は本当? 

f:id:stur26:20210724224819j:plain

ゴーヤは冷凍すると新鮮なものと比べると色味や食感はやや劣ります。

食感が悪くなってしまう原因は冷凍することで生じる劣化や痛みなどによるものです。

 

しかし冷凍方法や解凍のコツを知っておけば食感を気にせず食べることが出来ます。

 

冷凍のポイントは?

ゴーヤを冷凍するときにゴーヤに水分が残っていることにより、冷凍過程で霜がついてしまいます。

 

霜がついてしまうと氷になり膨張して野菜の細胞壁を破壊してしまい食感が悪くなってしまう為、保存前には必ずキッチンペーパーなどで良く拭き取ってから保存してください。

 

また保存袋に空気が残っていると冷凍焼けを起こす原因になります。

 

空気に触れることで傷みも早くなるので保存袋はジップロックなどのチャック付き袋に入れて保存前にはしっかり空気を抜いて下さいね。

 

さらに食感に変化が出る原因には野菜の劣化もあります。

そこで急速冷凍も大事なポイントになります。

 

平らにして保管することで冷凍時間が短縮されゴーヤの劣化を防ぎます。

金属トレーなどの熱伝導率の良いものに乗せて保存するとさらに効率が良くなりますよ。

 

解凍のポイントは?

ゴーヤは余ってしまったからといって丸ごとや半分で冷凍するのは避けましょう。

解凍に時間がかかってしまうと食感が変わってしまう一番の原因になります。

 

調理する際に使いやすい大きさにあらかじめ切っておいてから冷凍するとよいですよ。

 

輪切りや、薄切りなど使い方によって、切り方を分けておくと料理のレパートリーも広がるのでおすすめです。

 

冷凍のゴーヤを調理に使う際は凍ったまま使える炒め物や煮るなどのすぐに火を通すことが出来る調理が食感に変化が出にくく、一番おすすめです。

 

サラダなどに使う場合は時間のかかる自然解凍は避け、流水解凍で温度を下げすぎないようにしたり、電子レンジの解凍機能を活用してなるべく時間を短くする工夫をしてみて下さいね。

  

ゴーヤを冷凍!苦味を抑える保存方法と食べ方は?

f:id:stur26:20210724224824j:plain

ゴーヤを冷凍する時に苦みを抑える保存方法は冷凍前の「塩もみ」と「下ゆで」をすること。

さらに苦みを抑えて美味しく調理するには、脂溶性の苦み成分を抜く「脂分調理」をしたり、苦み抑制をする食材を工夫して調理することで苦みを抑えることが出来ます。

 

ゴーヤの苦み成分「モモルデシン」は水溶性の為、水分に流れ出る性質を持っています。

 

冷凍前のゴーヤを塩もみ(砂糖を少々加えてもOKです)して水分をしっかり出し、1~2分下ゆでして成分を流し出すことで苦みを取ることが出来ます。

 

下ゆで後に3~5分水にさらすことでさらに苦み成分が抜けます。

水分はしっかりとキッチンペーパーで拭き取ってから冷凍保存して下さいね。

 

ゴーヤの苦み成分には「チャランチン」「コロソリン酸」という脂溶性の成分もあります。

脂溶性の苦み成分を取る為には調理の際に食材の脂を使うことで抜くことが出来ます。

 

もちろんサラダ油を使った炒めものなども良いのですが、サラダにするならオイル入りのツナを使ったり、マヨネーズを使ったり、煮物であれば厚揚げとなどと一緒に調理することで脂溶性の苦み成分を抜くことが出来ます。

 

さらに鰹節の旨味成分には苦味抑制効果があります。

ゴーヤの苦味成分が、鰹節に含まれる苦味抑制成分に吸着されるため、味覚を刺激せず、苦味を和らげてくれるのでお浸しやサラダにプラスすると良いですね。

 

 

まとめ

ゴーヤは食物繊維やカリウム葉酸、ビタミンCなどの栄養成分がたっぷり含まれている夏の健康野菜の王様です。

 

夏はスーパーでも安く売られていたり、家庭菜園などでもいっぱい実るので、夏は積極的にどんどん取り入れたい食材ですね。

 

しかしそんなスーパー野菜ですがなんと痛みが早いという欠点があります。

しかもワタを取って、苦みを抜いてなど下ごしらえが意外に大変な為、忙しい日々に毎日取り入れるのはなかなか大変(泣)

 

時間の余裕があるときに今回のコツを使って準備しておけば、美味しくて時間も短縮しながら健康になれますね♪

 

ポイントは

・冷凍は「水分を残さない」「空気に触れさせない」「急速冷凍」

・解凍は「解凍時間を短く」

・苦みを抑える保存方法は冷凍前の「塩もみ」と「下ゆで」

さらに苦みを抑えて美味しく調理するには、脂溶性の苦み成分を抜く「脂分調理」をしたり、苦み抑制をする食材を工夫して調理することで苦みを抑えることが出来ます。

 

最後は食材を工夫して美味しく頂く!

夏の健康野菜「ゴーヤ」を使った料理で暑い夏を乗り越えましょう♪