お役立ち情報サーチ

日常の中で役立つ情報をお届けします♪

初節句での父親の挨拶ってどんな内容?例文や失敗しないコツも!

子どもが産まれると、はじめのうちは特に様々な行事が目白押しですね。

そのうちの一つが初節句です。

 

家庭によって色々ですが、初節句は夫婦それぞれの両親や兄弟などを招いてお祝いすることが多いですよね。

その場合には何をすれば良いのか気になることがたくさんあるのではないでしょうか。

 

特に父親は、そういった場では挨拶を行うことがつきものですね。

どのような挨拶をしたら良いのか、悩むものです。

 

ですが、集まりにきてもらうのは近しい親戚や家族ですので、そこまでかしこまる必要はありませんよ。

例文も合わせてこれからご紹介していきますね。

 

また、失敗しない為にいくつかおすすめのコツがありますので、それもご紹介しますね!是非参考になさって下さい。

 

 

 

節句での父親の挨拶の内容って?例文もご紹介! 

f:id:stur26:20210217131624j:plain

”父親の挨拶”と聞くと、なんだか堅苦しいイメージですね。

結婚式での挨拶のように、なんだかかしこまった気持ちになります。

 

しかし、節句のお祝いは、親戚が集まると言っても、近しい人達の集まりですよね。

ですから、そこまでかしこまる必要もありません。

 

伝えたい内容としては、わざわざ集まってくれたことのお礼、最近の子どもの様子を入れれば問題ないでしょう。

たったこれだけなのだと考えると、気が楽になりますよね。

 

これを挨拶の文にするとなると、お礼→子どもの様子→今後のお願い、という流れにするとスムーズでしょう。

 

例文にすると、

集まってくれたことのお礼として、

「本日はお忙しい中、〇〇(お子さんの名前)の初節句にお集まりいただき、誠にありがとうございます。」

 

その次にお子さんの最近の様子を具体的なエピソードを混ぜて紹介してみましょう。

 

今後のお願いとして、

「私も妻も親としてまだまだ未熟者ですので、是非今後とも〇〇(お子さんの名前)の成長を温かく見守って下さるとともに、ご指導のほども宜しくお願い致します。」

 

あくまで例文ですので、あなたらしい言い回しに変えてみて下さいね。

  

節句での父親挨拶を失敗しないためのコツや心構えって? 

f:id:stur26:20210217131621j:plain

先程も述べましたが、”父親の挨拶”と思ってしまうと、どうしても緊張してしまうものですが、まずはそこまで堅苦しく考えないことが大切なポイントです。

 

そのポイントを踏まえたうえで、失敗しない為のコツをいくつかご紹介しますね。

 

①自分の言葉で

今例文をご紹介しましたね。

また、他にもネット上で検索すれば、山ほど例文が出てくるでしょう。

しかし、それはあくまで例文です。

 

例文を見てしまうと、その通りに伝えないと、という気持ちになってしまいます。

しかし、普段の言い回しではない分、覚えにくいですし、間違えやすいですね。

 

そうならない為には、例文を参考にしつつも、自分の言葉に直すことです。

自分の普段の言い回しであれば覚えやすいですし、間違えにくいですよ。

 

②丸暗記しない

丸暗記してしまうと、間違えてしまった際に、間違えてしまった、ということで頭がいっぱいになってしまうものです。

 

そうなってしまうと、一気にてんぱってしまって、その先の言葉まで出てこなくなってしまいます。

 

ですから逆に丸暗記せずに、なんとなくで覚えておくことがコツの一つですよ。

 

③練習する

やはり、練習は大切です。

一人で練習するのはもちろんですが、奥様の前でも練習し、人前でも緊張せずに話せるように心の準備をしておきましょう。

 

④失敗しない…と考えない

これは、一番大切なポイントと言えるかもしれません。

“失敗しない”と考えていると、失敗してしまうものですし、無駄に緊張してしまうものです。

 

失敗したって大丈夫です。

楽しい集まりの場なのですから、挨拶も楽しく行いましょう。

 

まとめ 

親としてしっかりしなければ、と思ってしまう気持ちはとてもよく分かります。

 

ですが、集まってくれている親戚や兄弟、友人たちはみんな近しい間柄の人ばかりですし、みなさんお子さんの節句を祝い楽しむために来てくれています。

 

あくまで、主役はお子さんで、そしてお子さんの初節句をお祝いする楽しい場なのだということを忘れずに、楽しい気持ちで挨拶をしてみて下さいね。