お役立ち情報サーチ

日常の中で役立つ情報をお届けします♪

柔軟剤に使用期限はある?期限切れの柔軟剤は使うと危険⁉

柔軟剤には使用期限は設けられておらず、未開封だと製造から三年、開封後は最大一年までは問題なく使用できます。

ただし一年経っていなくても品質に問題が出ることがあるので、開封後はなるべく早く使い切ったほうが良いです。

 

開封してから時間が経ってドロドロになっていたり、香りが違ったりする場合は使わないほうが良いでしょう。

 

ドロドロになった柔軟剤をそのまま使うと、溶け切れなかったものが衣服に残って、衣服のシミの原因になったり、肌荒れの原因になる可能性があるので注意したほうが良いですね。

 

この記事では柔軟剤の使用期限や開封済みの柔軟剤について解説していきますね。

 

 

柔軟剤と洗濯洗剤の使用期限はどのくらい?

f:id:stur26:20210824132544j:plain

柔軟剤や洗濯洗剤には使用期限は設けられておらず、開封後は最大一年までは問題なく使用できます。

 

ですが一年経っていなくても品質に問題が出ることがあるので、開封後はなるべく早く使い切ったほうが良いです。

 

開封なら製造から三年ほどとメーカーが推奨していますが、三年以上経っても状態に変化がなさそうであれば使っても問題はありません。

 

しかし、長期にわたって

・高温多湿な場所

・温度差が激しい場所

・日光がずっと当たっている場所

に置きっぱなしにしていると、使用期限はないとはいえ品質が悪くなっている可能性があります。

 

長期保存していたものに関しては使用する前に必ず状態を確認しましょう。

 

洗濯洗剤は固まっている、香りが違う、変色していると、本来の洗浄力が発揮できないため使わないほうが良いといわれていますが、柔軟剤も同じです。

 

特に詰め替えた柔軟剤は変質が進みやすいので半年以内には使い切ることをおすすめします。

 

詰め替えするときに手やキャップに付いていた雑菌が原因になり、保存状態が悪いとさらに雑菌が増えてしまい、腐ってしまうことがあるので注意してくださいね。

 

柔軟剤が腐ってしまうとは驚きですが、それに気づかずに使用することを考えると怖いので、使用前にしっかりチェックしたいですね。

 

柔軟剤の使用期限切れを使うとどうなる?

f:id:stur26:20210824132547j:plain

柔軟剤は洗濯洗剤に比べて固まりやすく、開封してから時間が経っていると水に溶けにくくなります。

 

溶けなかった柔軟剤が衣類のシミの原因になったり、肌への刺激となって肌の弱い人は肌荒れしてしまう可能性がありますし、洗濯機に溶け切れなかった柔軟剤が詰まって故障の原因になることもあるので注意が必要です。

 

特に香りの強い柔軟剤だと固まりやすくなるので、開封してから時間が経っていないのにドロドロに固まってしまったときは振ってみましょう。

 

また、寒さが固まる原因にもなるため、暖かい部屋にしばらく置いてサラサラになるのを待ちましょう。

 

安いとストックとして買いだめしたくなりますが、冬は固まりやすくなるので、たくさんストックしておくのは避けたほうが良いですね。

 

使い切れず一年以上経ってしまったり、振ったりしても元通りにならないときは捨てるか、フレグランススプレーにすることをおすすめします。

 

小さじ1杯の柔軟剤と水100mlとスプレーボトルを用意し、ボトルに柔軟剤と水を入れてから蓋を閉め、シャカシャカを振って混ぜれば完成です。

 

あとは市販の消臭スプレーと同様に、ソファやカーテン、ラグに吹きかけたり、静電気防止の効果もあるので、テレビやパソコンなどホコリが付きやすい場所の掃除に使用しても効果的ですよ。

 

簡単に作れるので「柔軟剤を捨てるのはもったいないけど、洗濯に使うのは気が引ける…」というときにぜひ試してみてくださいね。

 

まとめ

柔軟剤はさまざまな種類があるので、どの香りが良いか迷ってるうちにたくさん溜まってしまうことがありますよね。

 

開封してから何年も経ってる…」「購入したけど未開封のまま、かなり時間が経ってる気がする」ということもあると思います。

 

使用期限がないにしろ、あまりに使っていないまま放置してる柔軟剤を使うのは抵抗がありますよね。

 

そんなときはフレグランススプレーを作って、部屋もお気に入りの香りにするのも良いですね。

 

柔軟剤の使用期限について悩んだり、疑問に思ってる人の参考になれば嬉しいです。