お役立ち情報サーチ

日常の中で役立つ情報をお届けします♪

彼氏に子供扱いされるのが嫌!やめさせるための対処法とは?

年上の彼氏は同い年や年下の男性と比べて大人っぽく見えますし、非常に魅力的ですが、その彼氏に年下だからといって子ども扱いされるのはとても嫌なものです。

 

子ども扱いされるのが嫌で別れる…というのも嫌ですから、なんとか解決して関係を続けたいですよね。

そこで、子ども扱いしてくることをやめさせる上手な対処法をいくつかご紹介します。

 

その対処法として、

・正直に気持ちを伝える。

・自分も大人なのだとアピールする。

・さらっと流す。

の三点があります。

 

また、そもそも子ども扱いされないようにするにはどうしたら良いのかも気になりますよね。

 

それぞれこれから詳しくご紹介しますので、参考になさって下さいね。

 

 

彼氏に子供扱いされるのが嫌!やめさせるための対処法とは? 

f:id:stur26:20210325142650j:plain

彼氏がしてくる子ども扱い…やめさせるにはいくつか対処法があります。

三点にしぼってご紹介しますね。

 

①正直に気持ちを伝える

一番おすすめな方法は、正直に気持ちを伝えることです。

子ども扱いしてくることに限らず、思ったことはお互いに常に正直に伝え合える関係が良いとは思いませんか?

 

子ども扱いされることも、そのこと自体が嫌なのだと伝え、その理由も伝え、どうしてほしいのかまで具体的に伝えてみましょう。

 

あなたが正直に気持ちを伝えれば、彼もきっと分かってくれますよ。

 

②自分も大人なのだとアピールする

あなたも大人…むしろ、彼よりも大人だ、というぐらいのアピールをしてみましょう。

そのポイントとして、彼ができないことをあなたがする、ということです。

 

例えば彼がリードしてくれているデート中に道に迷ってしまった時に、あなたが地図を見てさっと目的地までリードしてみましょう。

 

また、彼が職場の愚痴などをぽろっとこぼした時に、何かアドバイスをしてみましょう。

 

彼ができないことをあなたがすることによって、あなたも大人なのだな、頼れる相手なのだな、と思ってもらえますよ。

 

③さらっと流す

今二つの方法をご紹介しましたが、彼のタイプによっては効果がないどころか逆効果のこともあります。

 

そもそも彼があなたのことを下に見ている場合、下の人から正直に気持ちを伝えられたり、自分ができないことを簡単に解決されてしまったりすると、イラっときてしまうものです。

 

そのようなタイプの彼であれば、“さらっと流す”という方法をとりましょう。

 

つまり、彼があなたを子ども扱いしてきた時に、あなたもいちいちイラっとしないようにするのです。

 

だからといってニコニコと明るい反応をする必要もありません。

ただたださらっと流しましょう。

 

怒りもせず笑いもせず、子ども扱いされたことに対して無反応でいましょう。

 

それを繰り返すことで、彼もあなたを子ども扱いすることに飽きてきて自然となくなっていきますよ。

 

彼氏に子供扱いされないように気を付けるべきことって? 

f:id:stur26:20210325142655j:plain

彼氏に子ども扱いされないようにする為にはいくつか気を付けるべきポイントがあります。

そのうち二点を詳しくご紹介しますね。

 

①彼の前で無理して合わせない

彼が大人っぽい発言や行動をした時に、無理して合わせるのはやめましょう。

 

無理して合わせてボロがでてしまった場合、より一層子ども扱いされることになってしまいます。

 

あなたができないこと、知らないことを彼がしている時は、素直にそれに従いましょう。

無知なことよりも、無理して合わせることが子どもらしく見えてしまいます。

 

②彼の知らないところで勉強しておく

子ども扱いされない為には、彼と同等以上の知識を持ち、彼と同等以上の行動をできるようにすることが必要です。

 

その為に彼の知らないところで勉強しておきましょう。

 

分かりやすいことで言えば、社会の様々なマナーですね。

例えば食事のマナーなど。

 

彼と一緒にいる中で自然とその場で必要な所作ができれば、大人だと見てもらえるようになるでしょう。

 

 まとめ 

子ども扱いしてくる彼もとても嫌ですが、そのことには理由があるはずです。

まずはあなた自身も努力してみることが大切だと言えそうですね。

 

彼の対応にイライラせず楽しく過ごせるよう、上手に伝えてみてくださいね。