お役立ち情報サーチ

日常の中で役立つ情報をお届けします♪

マカロンのアーモンドプードルは代用できない⁉失敗が多い理由とは?

カロンなどのお菓子作りに欠かせないアーモンドプードル。

代用品として薄力粉やきな粉、すりごまが使えるますが、アーモンドプードルを他の材料で代用することは正直おすすめできません。 

 

単純に美味しくなかった、しっとりしなかったなど、失敗が多いからです。

代用品では、アーモンドプードル特有の風味、さくさく感、油分などが不足してしまうんです。 

 

どうしてもアーモンドプードルを代用品で済ませたい場合は、マカロン作りの工程にある「生地の乾燥」をしっかり行うようにしましょう。

 

この記事では

・アーモンドプードルの代用をおすすめしない理由

・アーモンドプードルの役割や効果

・マカロンのアーモンドプードルを代用できる物

・アーモンドプードルを代用するときの注意点

などをお伝えしますので、これからマカロンやフィナンシェなどアーモンドプードルを使用したお菓子作りにチャレンジしようと思っている方は是非参考にしてみてくださいね。 

  

 

アーモンドプードルを他の材料で代用するのをおすすめしない理由

f:id:stur26:20210713220727j:plain

カロンやフィナンシェ、クッキーなどによく使われるアーモンドプードル。

 

買うと高いし、余らせると勿体ないので、出来ることなら代用品で済ませたいところですが、アーモンドプードルを代用することはおすすめできません。

 

アーモンドプードルの代用品として有名なのは、薄力粉やきな粉です。

代用品を使って作ることはもちろん可能なんですが、それでも代用をおすすめしない理由についてご紹介します。

 

  • 見栄えがよくない

代用品を使うと生地がまとまらず、崩れてしまうこともあります。

特に、ただでさえ作るのが難しいマカロンは、違いが顕著に出てきます。

 

例えば、

・空洞ができやすい

・ふっくらとならず、平べったいものになる

・乾燥するのに時間がかかる

などが挙げられます。

 

例え味は美味しくても、見た目が悪いと美味しくなく感じてしまう原因にもなります。

形が崩れてしまうリスクがあるので、避けた方がいいでしょう。

 

  • 風味が悪くなる

薄力粉はただの粉ですので、風味は全くありません。

粉っぽさが目立つお菓子になってしまいます。

 

きな粉は風味がありますが、和菓子っぽいですよね。

カロンなどの洋菓子にきな粉はあまりマッチしないと言えるでしょう。

 

  • 食感が悪くなる

アーモンドプードルを入れると、ザクザク感とホロホロ感が生まれます。

代用品だと、同じような食感を出すことができません。

 

ボソボソ、モソモソした食感になるので、やはり避けた方がいいでしょう。

 

では、なぜ代用品だとうまくいかないのでしょうか?

アーモンドプードルが持つ、役割や効果について見ていきましょう。

 

アーモンドプードルの役割や効果っていったい何なの?

f:id:stur26:20210713220734j:plain

それではアーモンドプードルの役割や効果について紹介していきます。

 

  • 風味を良くする

アーモンドの風味は洋菓子にもとてもよく合います。

コクとナッツ独特の香ばしさがあり、ほんのり良い香りもするのでよりお菓子が美味しく感じられます。

 

薄力粉やきな粉では絶対にマネできない風味ですよね。

 

  • 食感を良くする

薄力粉だけで作ったものは、粉を混ぜている時に粘り気が出ます。

その点、アーモンドプードルでは粘り気が出ず、サクサクホロホロの食感になります。

 

入れる量によってはナッツのザクザク感も出るので、美味しく仕上がりますよ。

 

  • 油分が含まれる

アーモンドの油分が含まれているので、パサパサになりません。

食感はサクサクした軽い感じですが、ボソボソにならずしっとり感があります。

 

薄力粉のみを使ったレシピだと、バターを足すことが多いです。

アーモンドプードルを使うレシピだと、バターの減らしたり無しにすることもできるぐらいの油分があります。  

 

カロンのアーモンドプードルの代用として使えるものって?

f:id:stur26:20210203170014j:plain

カロン作りに挑戦したいけど肝心のアーモンドプードルがない・高くて買いたくない、というようにどうしても代用品を使用したいときは、

・薄力粉

・きな粉

・きな粉とすりごまのMIX

を使用することができますよ。

 

食感としては、きな粉のほうがサクッとした食感、ゴマのほうがしっとりした食感になるようです。

 

薄力粉もしっとり感は出ますが、風味が弱くなる傾向にあるようです。

 

アーモンドプードルの原料はシンプルで、生のアーモンドを砕いて粉末状にしている粉のことを指し、使用することで香ばしさとコクを出す効果があるのですが、どうしてもないとだめ!というものでもなく代用品を使うことは可能です。

 

ですが、やはりアーモンドプードル独特の食感や風味は得られないということは理解しておきましょう。

 

もしどうしても代用したいという時には、半分の量だけ代用したり、バターを足すなど、工夫するようにしましょう。

 

アーモンドプードルの代用品を使うときの注意点やコツって?

f:id:stur26:20210203170017j:plain

薄力粉やきな粉+すりごま、きな粉のみを使用する場合、分量もアーモンドプードルと同様に、卵白と同量使用します。

 

代用する場合の注意点ですが薄力粉はアーモンドプードルよりも乾燥しにくいので、生地を乾燥させる時間をしっかりとるようにしてください。

 

アーモンドプードルでは1時間程度で乾燥しますが、薄力粉は3時間くらいかけないと乾燥しない場合があります。

 

しかしここで乾燥しないからと、ドライヤーで無理に乾燥させると焼いた後に空洞化してしまったり、うまく膨らまない原因になりますので注意してください。

 

また、代用品でいちばんポピュラーなのは薄力粉だと思いますが、薄力粉だけだとアーモンドプードルほどの風味を出す事が出来ません。

 

かといってきな粉やすりごまは人によっては好みがあるので避けたいと思う人もいると思います。

 

ネットにも沢山レシピが載っていますが、薄力粉で作る場合には抹茶パウダーやココアパウダーを足すことで風味を補うことができます。

 

薄力粉で代用しようと思っている方は一緒にココアパウダーなどを足して作ってみることをおすすめします。

  

まとめ

アーモンドプードルは、アーモンドを細かく砕いた粉もので、皮つきのものは少し黄色っぽく、皮なしのものは白いです。

皮つきのものの方が、よりアーモンドの風味を楽しむことができます。

 

アーモンドプードルは、独特の風味と食感があり、油分含んでいます。

ちなみに、アーモンドプードルもアーモンドパウダーも同じものです。

 

アーモンドプードルの代用品としては薄力粉、きな粉、すりごまなどが向いています。

当然どの粉でもアーモンドプードルとは味わいは変わってしまいます。

  

代用品を使ってお菓子を作ることは可能ですが、失敗したり美味しくないものができる可能性があり、

・見た目が悪くなる

・風味が悪くなる

・食感が悪くなる

といった失敗が起こってしまいがちです。

 

代用品は使わずに、なるべく本物を使って作ることをおすすめします。

 

もしどうしてもたくさん購入するのを避けたくて他の物で代用したいという時には、半分の量だけ代用したり、バターを足すなど、工夫するようにしましょうね。