お役立ち情報サーチ

日常の中で役立つ情報をお届けします♪

洗濯物を洗うまでの保管ってどうしてる?濡れたタオルは?

梅雨の時期になると、部屋干しになってなかなか乾かなくなってしまうので洗濯物を溜める人も多くなりますよね。

 

ですが、洗う前の洗濯物ってどう保管しておくのがベストなのかが気になります。

 

たとえばバスタオルなんて使用後に濡れてしまったからと、他のものより先に洗うのも電気代がかかってしまいもったいないですよね。

 

今回は、すぐに洗濯機を回さない場合の洗濯物の保管方法について調べました。

 

結論から言いますと、通常の洗濯物を直接洗濯機にいれておくのはNG。

洗濯機をまわすまでは洗濯かごに入れておきましょう。

 

またバスタオルなどの大物で湿っているものは洗濯かごに入れずにハンガーなどにつるしておいて、洗濯時に他の洗濯物を洗うといいです。

 

この記事が参考になれば幸いです。

 

 

洗濯物を洗うまでの保管ってどうしてる?直接洗濯機はNG?

f:id:stur26:20210530105824j:plain

洗濯物を洗濯するまでの間、どのように保管しておくのが良いのでしょうか。

 

洗濯機に入れておいてそのまま洗濯機を回すのは楽ですが、おすすめできません。

洗う前の洗濯物は洗濯機に入れず、洗濯かごに入れるようにしてください。

 

洗濯機は使用後は特に湿気を含んでいる状態ですし、そこに着た衣服や濡れたバスタオルを入れると雑菌が繁殖してしまいます。

 

雑菌が繁殖することで、せっかく洗濯機で洗っても臭いや汚れが取れない恐れがあります。

 

そればかりか、洗濯槽に雑菌が付着したまま増幅し、他の衣服まで余計に汚れたりにおいが付いたりしてしまいます。

 

洗濯槽の内側はあまり見る機会が無いので放置しがちですが、気づかない間に黒カビがどんどん増えてそのうち衣服やタオルに黴がついてしまう事も…。

 

いくら面倒くさい洗濯槽掃除をしても、洗濯機に洗う前の洗濯物をポイポイ入れておいてしまっていては、あっという間に雑菌の温床になってしまいます。

 

くどいようですが、洗濯物は洗濯するまでの間は洗濯かごにまとめておくようにしておきましょう。

 

理想はプラスチックの洗濯かごにして、かごも定期的に洗えば完璧です。

 

洗った後の洗濯物を入れるかごに保管しておくのには抵抗がある人も多いと思いますので面倒ですが別のかごを用意しましょう。

 

その場合は、洗う前の洗濯かごを畳めるものにしたり、伸縮性のあるものにしてしまえば場所を取ることもないのでおすすめです。

 

濡れたタオルって洗濯するまでどうすればいい?

f:id:stur26:20210323191642j:plain

洗濯物は洗濯かごに入れておいた方が良いことは分かりましたが、濡れたタオルはどうすればいいのでしょうか。

 

バスタオルの場合は大物だし、タオルだけ先に洗濯するというのも水道代や電気代がかかってしまってもったいないですよね。

 

しかし、洗濯かごにまとめて置いてしまっていては、生乾き臭が染みついてどんなに洗っても臭いが落ちなくなることもあります…。

 

これは濡れたものをまとめてかごに入れておくと湿気で菌が増幅してしまうからです。

 

対策としては、使用後のタオルはハンガーなどでつるしておいて、水分が少なくなるように乾燥させましょう。

 

室内に干しておくだけでも、カゴにまとめておくよりもはるかに乾燥します。

 

部屋に干しておくのが嫌だという人は、お風呂場にハンガーをかけてタオルをつるしておけば、洗濯機を回すときに忘れずに回せます。

 

タオルは特に菌が増えて生乾き臭が染みつきやすいので、少し手間ですが使用後は乾きやすいように工夫して干しておきましょう。

 

まとめ 

梅雨の時期になると、外干しがなかなかできなくなるし晴れる日を待つので洗濯物が貯まりがちですよね。

そうした時に、洗濯物をどのように保管しておけば良いか悩んでしまうと思います。

 

洗濯機に入れてしまうと雑菌が繁殖して洗ってもにおいや汚れが落ちない可能性があるのでおすすめできません。

 

洗濯物は洗濯かごに入れておいて、洗濯かごも定期的に洗って清潔な状態にしておきましょう。

 

また、濡れたバスタオルのような大物の場合は洗濯かごに入れるのではなく、ハンガーなどにつるして乾燥させましょう。

乾燥させることで雑菌の繁殖が抑えられますので、洗い上りも気持ちよくなります。

 

梅雨時期でも気持ちよく洗濯できるようになったら最高ですね!