お役立ち情報サーチ

日常の中で役立つ情報をお届けします♪

凧揚げのやり方やコツって?子供と揚げるときの注意点も!

お正月に定番の遊びは色々ありますよね。

羽子板やコマ回し、そして凧揚げなど。

 

どれも上手に行うには少し工夫が必要なものばかりです。

大人になると遊ぶ機会は減りますが、子供ができると、遊ぶ機会は増えますね。

 

子供と一緒に遊ぶ際、かっこいい姿を見せたいのが親ですよね。

そこで、凧揚げのやり方やコツをご紹介していきます。

 

簡単に言うと、風のタイミングとあなたの力加減がコツとなってきますよ。

 

また、凧揚げをする際には、それに適した場所や天気といったものがあります。

それらも合わせてこれから具体的にご紹介していきます。

 

 

凧揚げのやり方が知りたい!ぐんぐん高く揚げるコツって?

f:id:stur26:20201228111254j:plain

凧揚げを行う際には、まず2人でペアになる必要があります。

1人は凧を持つサポート役で、もう1人が凧を揚げる役ですね。

 

凧を持つ人は、凧の糸のついている方を下にし、両手で凧を水平に持ちます。

そして風下に立ちます。

 

風の強さによって、凧を揚げる人との間に5~10メートルの間隔を空けましょう。

 

そして凧を揚げる人は、凧を持つ人と逆方向に向かって走ります。

凧を揚げる人が走り出したら、凧を持つ人は凧をはなします。

 

お互いが行うことは以上ですが、上手に揚げる為にはコツがあります。

 

コツ①上に向かってはなす

凧を持つ人が凧をはなす際、少し上に向かってはなしましょう。

もっている手を上に挙げながらはなすことで、凧が風に乗りやすくなります。

 

コツ②風のタイミングをみて走り出す

凧は風に乗って揚がっていきますね。

つまり、風が強い方が飛びやすいということになります。

 

走る人は、風が吹くタイミングをみて走り出しましょう。

 

コツ③糸は張るようにする

凧が揚がってからは、糸を引いたり緩めたりしながら凧を安定させます。

 

その際、引き過ぎず緩め過ぎず、“ピン”と張った状態を保つようにしましょう。

 

凧揚げに適した場所や天気は?子供と凧揚げするときの注意点も

f:id:stur26:20201228111258j:plain

凧揚げを行う際には、それに適した場所や天気があります。

 

凧揚げを行う際に適した場所は、車通りがなく、遊具がなく、ただただ広い場所が良いでしょう。

ただの広場や河川敷などがおすすめです。

 

そのつもりはなくても、凧を揚げる途中で車や遊具に引っ掛かってしまう可能性は十分にあります。

 

特に車に引っ掛かってしまうと、事故につながりかねませんから周囲に駐車スペースがない場所で行いましょう。

 

凧揚げを行う際に適した天気は、もちろん晴れの日。

 

雨や雪の日には凧を揚げることはできませんし、曇りの日だと、せっかく揚がった凧がよく見えなくて残念なことになってしまいます。

 

そして、凧揚げを行う際に大切なのは風の強さです。

風が弱いと凧は揚がりません。

しかし逆に、風が強過ぎると糸が千切れて凧が飛んでいってしまいます。

 

適度に風のある日であると、上手に凧を揚げることができますよ。

 

最後に、子供と凧揚げを行う際の注意点をご紹介します。

それは、周りをよく見て行う、ということです。

 

凧を揚げることに夢中になっていると、周りが全く見えなくなり、障害物にぶつかってしまいます。

 

凧自体が障害物にぶつかることもあれば、お子さんが障害物にぶつかることもあります。

 

ぶつかった相手が人であれば、相手にも迷惑を掛けてしまいますね。

 

障害物が全くないという場所を見つけるのはなかなか難しいため、大人が障害物を確認しつつ、常に声を掛けて安全な場所で行えるようにしてあげてくださいね。

 

まとめ

親子水入らずで遊べる機会のお正月。

せっかくの楽しい時間ですから、怪我をすることなく、楽しい時間を過ごして下さいね。

 

そして、上手にぐんぐん高く凧をあげてかっこいい大人な姿を見せてあげましょう!