お役立ち情報サーチ

日常の中で役立つ情報をお届けします♪

柊を植えるのにベストな方角や場所って?鉢植えでも魔除けの効果はある?

日本では、節分には柊の枝にイワシの頭を刺して玄関に飾る風習があります。

柊には、厄除け、魔除けの効果があるためです。

 

柊を魔除けとして植えるなら、どこに置くのがいいのでしょうか?

鬼門と呼ばれる北東の庭がベストと言われています。

 

地植えができない場合、鉢植えでも効果は変わりません。

 

柊について、詳しくみていきましょう。

 

 

柊を植えるのにベストな方角や場所ってどこ?

f:id:stur26:20210201122659j:plain

柊は、日本では節分に飾って鬼除け、外国ではクリスマスに飾って魔女除けの役割も果たしています。

もちろん、節分以外の時期でも年中通して厄除けの効果を発揮しますよ。

 

家の中から見て、北東になる方角は鬼門と考えられています。

鬼門とは、鬼(邪気、厄など)が入ってくる場所。

 

そのため、北東の庭などに柊を植えるのがベストです。

 

他にも、南西の庭、玄関周りに植えても大丈夫です。

 

南西は北東の反対側であり、裏鬼門と呼ばれていて、裏鬼門も鬼門と同じく、鬼が入ってくる場所だからです。

 

玄関も、良いもの悪いもの色んなものが出入りする場所ですので、玄関横に柊を植えても厄除けの効果があります。

 

また、柊のトゲは不審者や動物類の侵入防止にも役立ちます。

厄除け以外にも、実際の侵入者を防げるのは嬉しいですよね。

 

柊の葉っぱはギザギザしていて、触るととても痛いため、柊の落ち葉を拾うだけでも素手だと「痛っ!!」となるほどです。

 

の葉っぱの特徴から、魔除け、厄除けの効果があると言われているんですね。

 

鬼は焼いたイワシのような強烈な臭いと、柊の葉っぱのような尖ったものが苦手なため、節分飾りにイワシの頭を一緒に飾るのが厄除けとされているようです。

 

柊以外にも、厄除けの効果がある植物はたくさんあります。

 

西洋柊はクリスマスリースなどでよく使われる柊の一種ですが、これに似ている南天という植物があります。

2つとも赤くて小さな実がついていますが、南天の葉っぱにトゲはありません。

 

南天には、難を転じるという意味があるため、縁起の良い植物で、鬼門、裏鬼門、玄関などに置くと厄払いの効果があると言われています。

 

鬼門には柊、裏鬼門には南天を植えるというのもおすすめですよ。

 

柊は鉢植えでも魔除けの効果があるの?

f:id:stur26:20210201123523j:plain

柊は地植えでも鉢植えでも効果は変わりません

 

マンションや外構がコンクリートの場合でも、鉢植えの柊を植えることで厄除け・魔除けにすることができますので安心してください。

 

ただし、鉢植えの場合、鉢選びに注意が必要です。

 

植木鉢の種類はいろいろありますが、メジャーなものは、プラスチック製と素焼き、陶器です。

 

プラスチック製は、値段が安く、軽くて割れにくいです。

通気性、吸水性がないため、根腐れしやすいです。

夏場は土の中に熱気がこもり易いため高温になってしまいます。

 

素焼きは、粘土を低温で焼いた自然素材の陶器です。

鉢にたくさんの穴が開いているため、通気性、吸水性が良いです。

根腐れしにくく、熱気や湿度もこもりにくいのが特徴です。

 

ものは重く、割れやすいので慎重に扱う必要があります。

また、鉢の穴から雑菌が入る可能性もあるので、注意が必要です。

 

陶器は、粘土を高温で焼き、薬剤や塗料を混ぜたものです。

素焼きのような穴はないため、通気性、吸水性は良くないです。

重いので安定感はありますが、割れる恐れもあります。

 

柊は乾燥が苦手で、ある程度の湿気が必要です。

また、成長すると根が伸びるので植え替えも必要になります。

 

小さい時はプラスチック製で植え替えをしながら、ある程度成長したら素焼きに替えるなど、工夫するようにしてくだしね。

 

まとめ

柊を植えるのにベストな場所は、鬼門とされている北東の庭です。

他にも、玄関や裏鬼門と呼ばれる南西の方角に置くのも良いとされています。

 

地植え、鉢植えともに厄除け、魔除けの効果があります。

鉢植えの場合、鉢選びは慎重に行いましょう。